ブログ

日常の記事一覧

ボブ・アンダーソンのストレッチング
STRETCHING by BOB ANDERSON

ボブ・アンダーソン著 堀居 昭訳
B5判 184 頁 並製 本文横組13級
定価2,300円(+税)

全米各地でのストレッチング指導、またテレビ・雑誌等で紹介され、瞬く間に世界中に広がったボブ・アンダーソンのストレッチング。ジーン・アンダーソンの独特のタッチによるイラストを1000点以上収録。ストレッチング考案者による決定版。ストレッチングなら、この一冊で十分といわれる名著。

164   169

アクティブIDストレッチング4860円税込

●A4 / 220頁 / 2007年
【編集】 鈴木重行(名古屋大学医学部保健学科)
【著者】 鈴木重行・平野幸伸・鈴木敏和

1999年、「個別的筋ストレッチング」という新しい概念を確立した『IDストレッチング』。その姉妹版として、患者さん自らが行える『アクティブIDストレッチング』
『アクティブIDストレッチング』は、従来セラピストによってのみ行われていたIDストレッチングに、患者自らが、どんな場所でも、ストレッチングの強度を自覚しながら安全に実施できる工夫を施すことで、ホームエクササイズを可能にしたものである。
また本書は、その数『IDストレッチング』の実に2倍以上の530点以上ものカラー写真を用いることで、動画並みに動きが理解しやすい紙面となった。
現代日本が抱える医療費増加の抑制にも一石を投じるこのセルフケア法は、現在すでにIDストレッチングを取り入れている理学療法士、柔道整復師、スポーツトレーナー、カイロプラクターに、またこのような科学的根拠に基づいたストレッチングを探している方にとって、十分に満足いただける一冊である。ぜひ本書を、患者さんの指導に役立てていただきたい。

178

 

ストレッチングは、(動的)ストレッチングと(静的)ストレッチングの2種類に大別されます。

動的ストレッチング・・・反動を利用したストレッチングで筋損傷や筋緊張亢進の可能性があるため現在、医療現場ではほとんど使用されません。

静的ストレッチング・・・反動を利用せずゆっくりと筋を伸張、最終域で静止して数秒から数十秒ストレッチする。Ⅰb抑制を利用して筋緊張を低下させる。

筋の柔軟性を改善しパフォーマンスを向上させることからスポーツ選手のみならずリハビリなどの医療現場や一般の人々にも広く受け入れられる。

160

動的ストレッチング

バリスティック・ストレッチング

PNFストレッチング(1部)

ダイナミック・ストレッチング(瞬発的な動きに対応することを目的の1つにしている。筋緊張亢進)

静的ストレッチング

スタティック・ストレッチング(一般的な自動的ストレッチング、筋緊張低下)

PNFストレッチング(1部)

IDストレッチング(個々の筋に対するⅠb抑制を利用した他動的スタティック・ストレッチング。筋の走行、刺激に対する筋の反応などの解剖学・生理学の詳細な知識が必要)

すまいる治療院の施術の強みは単発的な慰安施術と違い、鍼灸・整体・ストレッチング・EMSなどを使い

神経系・骨格系に矯正アプローチしストレスに強い身体(姿勢)にすることを目的としております。

143   148

とくに、年配のスポーツ愛好者の方からは「運動がたのしくなった!」「運動後に疲れがのこらない!!」

と好評いただいております。40歳以上でスポーツをはじめたい・再開したいけど不安がある方、是非おこしください!!

スポーツに強い・ストレスに強い身体をつくります!!

140

こんにちは、久しぶりです。

20年前、何も知らない状況で開業しまして、喜びのお声をいただく一方、

ご迷惑をおかけすることも多々あり生きていくことの難しさ、自身の未熟さをただただ感じております。

 

20年近く、南船場2丁目で細々と施術させていただいておりましたが、、

この度、多くの方々の激励・叱咤のおかげで、一発奮起しまして

南船場1丁目に移転・リニューアルしました。多くの心添えありがとうございます。m(__)m

これからも少しでも皆様のお役に立てる施術所であるよう日々研鑽してまいります。

移転リニューアル

2017年8月5日

4月より、南船場1丁目に移転しました。

すまいる治療院phot received_1165256243578649

received_1165256960245244   received_1165258810245059

DSC_0223

 

家内がコールドプレスジュースでプチ断食して「無駄食いせんようになった」と言っていました。

コールドプレスジュースはビタミン・ミネラル補給はもとより、血行促進・免疫力向上・自律神経の安定。

また、プレスジュースでファスティング(プチ断食)することで、デトックス(解毒)にもなるみたいです。

192

良質コールドプレスジュースはSALONIC(サロニック)で!!salonic.jimdo.com

 

ビタミン欠乏症より、趣向がすこし変わりますが、ファスティングについて。

ファスティングとは、体の代謝機能の低下原因の1つとする有害物質(化学物質)を取り除き健康を取り戻すことを目的とします。

ダイエット効果もありますがやせることが目的ではないみたいですね。

ファスティングすると鍼灸・整体などの施術反応もとてもよく、自然治癒力もかなりたかまります!!

 

ビタミン欠乏症3

2016年2月1日

前回、ビタミン欠乏などの栄養不良は食事でまかなうのがBESTなのですが

なかなか、手間暇かけれない方もおおいようです。

また、現代では食品のもつ自然の養分のほとんどを加工してしまうため、

正しい食事というものが非常に少なくなっています。

そのため、食事の欠陥を補うためにいろんなサプリメントがあります。

マルチビタミン・ミネラルなどのサプリメント補充はビタミン欠乏に有効におもえます。

しかし、サプリメントの質も様々なので天然で良質なものをお薦めします。

193

サプリメントに含まれるビタミンは合成ビタミンと天然ビタミンの2種類あり、

合成ビタミンは、石油やブドウ糖など安価な材料から大量に作られ

分子構造は天然型と同じなのですが、細胞膜のレセプターから取り入れられにくく、

吸収されにくく、多く排せつされます。

DSC_0143 DSC_0140

わたしも、市販のものやアムウエイのトリプルXなどのんでいましたが、ユサナのヘルスパックを

すすめられてのんでいますがとてもいいです。鼻炎などのアレルギー症状がほとんどなくなりました!

おすすめです!!  https://truehealth.jp/via/happnesslife/  ユサナのサプリメント

次回、いま話題のプレスジュースでのビタミン補給法・ファスティング(解毒)について!よろしく!!

もちつき

2016年1月28日

もちつきしました。(1月10日)

DSC_0114 DSC_0115 DSC_0113

 

DSC_0118  DSC_0122

ビタミン欠乏症2

2016年1月28日

前回はビタミンが欠乏するといろんな症状がでることを書きました。

今回は自分でできる対応策を書きます。

① 栄養バランスのとれた食事を規則正しくとる。

② サプリメント(マルチビタミンなど)で補充する。

とくに鍼灸・整体などの施術をうけて頂いていても栄養状態(ビタミン・ミネラルなど)がいい人と悪い人では回復もかなり違います。

① ビタミン欠乏症などの栄養異常を解決するためには食事で解決することがBESTですね。

最近は食環境の変化(偏食・無理なダイエット・添加物など)でまともな食事をしない人が多く、自分でも栄養バランスがとれているか

どうかわからない人も増えています。

こういった場合はプロの栄養士に料理を学び、栄養バランスをとりもどしましょう!!

食生活は健康維持に非常に重要です!!

191

べっぴん栄養士・美フードカウンセラーのホームページhttp://www.be-luna.com

ブログ   http://ameblo.jp/happyclover22

次回はなかなか時間がない人のための対策を紹介します!! よろしく!!

ビタミン欠乏症

2016年1月20日

久しぶりに投稿します。

本日はビタミン欠乏症の話です。

治療院には、様々な体の不調な人がきますが肉体疲労・ストレスなどや外食・飲酒・喫煙・睡眠不足でビタミン欠乏になり

不調の原因となる人が結構おられます。

ビタミンは、食物中に微量存在する有機物で、エネルギー源にはなりませんが、物質代謝の過程で補酵素として作用し

身体の正常な機能を維持するためには欠かせません。

またビタミンは酵素やホルモンと同じく、ごく少量で作用しますが、酵素やホルモンと異なり、体内で合成されないので

不足するといろんな症状がでます。(ビタミン欠乏症)

185

ビタミンA(脂溶性)不足・・・・夜盲症・眼乾燥症・眼精疲労・細菌感染しやすくなる(動物の肝臓・肝油・バター・卵黄・ニンジン)

ビタミンB1(水溶性)不足・・・・脚気(酵母・胚芽・キャベツ・卵黄) B2不足・・・・発育障害・口角炎(酵母・バナナ・野菜・卵黄)

B6不足・・・・皮膚炎(麦・魚・レバー)  ニコチン酸不足・・・・皮膚角化・色素沈着・慢性下痢(B6とともにふくまれる)

B12不足・・・・貧血(動物のレバー)   ビタミンc(水溶性)不足・・・・壊血病(野菜・果物)

ビタミンD(脂溶性)不足・・・・骨の発育障害・骨粗鬆症(肝油・卵黄・しいたけ)

ビタミンK(脂溶性)不足・・・・血液凝固障害 血が止まりにくい(緑色野菜)

など・・・・いろんな症状があらわれます。 意外と気づいておられない人も多くいます。

次回、対策など書きますので よろしく!!

 

ようこそ、すまいる治療院へ

心斎橋にある当院では、主に整体・鍼灸マッサージによる施術をしております。
当院ではお客様に合った整体・鍼灸などの治療内容をご提案しております。心斎橋・長堀橋など大阪で国家資格保有の整骨院をお探しなら当治療院までお問い合わせ下さい。