ブログ

症状の記事一覧

すまいる治療院のストレッチング整体はリハビリテーションなどで行う、IDストレッチング(個別的筋ストレッチ)をベースに

カイロプラクティック、オステオパシー、指圧・マッサージなどを駆使して行います。

IDストレッチングとは1つ1つの筋を個別的にストレッチし、筋の伸張性、柔軟性を高めることにより

筋が関与する関節の可動域を改善することで血液循環の改善・疼痛軽減・姿勢矯正・リラクゼーション・傷害の予防など期待できます。

155

家内がコールドプレスジュースでプチ断食して「無駄食いせんようになった」と言っていました。

コールドプレスジュースはビタミン・ミネラル補給はもとより、血行促進・免疫力向上・自律神経の安定。

また、プレスジュースでファスティング(プチ断食)することで、デトックス(解毒)にもなるみたいです。

192

良質コールドプレスジュースはSALONIC(サロニック)で!!salonic.jimdo.com

 

ビタミン欠乏症より、趣向がすこし変わりますが、ファスティングについて。

ファスティングとは、体の代謝機能の低下原因の1つとする有害物質(化学物質)を取り除き健康を取り戻すことを目的とします。

ダイエット効果もありますがやせることが目的ではないみたいですね。

ファスティングすると鍼灸・整体などの施術反応もとてもよく、自然治癒力もかなりたかまります!!

 

ビタミン欠乏症3

2016年2月1日

前回、ビタミン欠乏などの栄養不良は食事でまかなうのがBESTなのですが

なかなか、手間暇かけれない方もおおいようです。

また、現代では食品のもつ自然の養分のほとんどを加工してしまうため、

正しい食事というものが非常に少なくなっています。

そのため、食事の欠陥を補うためにいろんなサプリメントがあります。

マルチビタミン・ミネラルなどのサプリメント補充はビタミン欠乏に有効におもえます。

しかし、サプリメントの質も様々なので天然で良質なものをお薦めします。

193

サプリメントに含まれるビタミンは合成ビタミンと天然ビタミンの2種類あり、

合成ビタミンは、石油やブドウ糖など安価な材料から大量に作られ

分子構造は天然型と同じなのですが、細胞膜のレセプターから取り入れられにくく、

吸収されにくく、多く排せつされます。

DSC_0143 DSC_0140

わたしも、市販のものやアムウエイのトリプルXなどのんでいましたが、ユサナのヘルスパックを

すすめられてのんでいますがとてもいいです。鼻炎などのアレルギー症状がほとんどなくなりました!

おすすめです!!  https://truehealth.jp/via/happnesslife/  ユサナのサプリメント

次回、いま話題のプレスジュースでのビタミン補給法・ファスティング(解毒)について!よろしく!!

ビタミン欠乏症2

2016年1月28日

前回はビタミンが欠乏するといろんな症状がでることを書きました。

今回は自分でできる対応策を書きます。

① 栄養バランスのとれた食事を規則正しくとる。

② サプリメント(マルチビタミンなど)で補充する。

とくに鍼灸・整体などの施術をうけて頂いていても栄養状態(ビタミン・ミネラルなど)がいい人と悪い人では回復もかなり違います。

① ビタミン欠乏症などの栄養異常を解決するためには食事で解決することがBESTですね。

最近は食環境の変化(偏食・無理なダイエット・添加物など)でまともな食事をしない人が多く、自分でも栄養バランスがとれているか

どうかわからない人も増えています。

こういった場合はプロの栄養士に料理を学び、栄養バランスをとりもどしましょう!!

食生活は健康維持に非常に重要です!!

191

べっぴん栄養士・美フードカウンセラーのホームページhttp://www.be-luna.com

ブログ   http://ameblo.jp/happyclover22

次回はなかなか時間がない人のための対策を紹介します!! よろしく!!

ビタミン欠乏症

2016年1月20日

久しぶりに投稿します。

本日はビタミン欠乏症の話です。

治療院には、様々な体の不調な人がきますが肉体疲労・ストレスなどや外食・飲酒・喫煙・睡眠不足でビタミン欠乏になり

不調の原因となる人が結構おられます。

ビタミンは、食物中に微量存在する有機物で、エネルギー源にはなりませんが、物質代謝の過程で補酵素として作用し

身体の正常な機能を維持するためには欠かせません。

またビタミンは酵素やホルモンと同じく、ごく少量で作用しますが、酵素やホルモンと異なり、体内で合成されないので

不足するといろんな症状がでます。(ビタミン欠乏症)

185

ビタミンA(脂溶性)不足・・・・夜盲症・眼乾燥症・眼精疲労・細菌感染しやすくなる(動物の肝臓・肝油・バター・卵黄・ニンジン)

ビタミンB1(水溶性)不足・・・・脚気(酵母・胚芽・キャベツ・卵黄) B2不足・・・・発育障害・口角炎(酵母・バナナ・野菜・卵黄)

B6不足・・・・皮膚炎(麦・魚・レバー)  ニコチン酸不足・・・・皮膚角化・色素沈着・慢性下痢(B6とともにふくまれる)

B12不足・・・・貧血(動物のレバー)   ビタミンc(水溶性)不足・・・・壊血病(野菜・果物)

ビタミンD(脂溶性)不足・・・・骨の発育障害・骨粗鬆症(肝油・卵黄・しいたけ)

ビタミンK(脂溶性)不足・・・・血液凝固障害 血が止まりにくい(緑色野菜)

など・・・・いろんな症状があらわれます。 意外と気づいておられない人も多くいます。

次回、対策など書きますので よろしく!!

 

こんにちわ!今回は肩関節の動きをサポートするテーピングです。

この貼り方は、以前ブログで書いた五十肩の治療としてもよく使います。五十肩の人は一度やってみてください!貼るだけで痛みが軽減すると思います。

①テープをY字に切り三角筋のふくらみの終わったところの上にテープの切れ目がくるようにテープの一端を貼ります。

使用方法1

②腕を後ろに引き、前腕の筋肉を包み込むように貼ります。

使用方法2

③後ろのテープを貼るときには腕を前に抱かえるようにし、後ろ側の筋肉を包み込むように肩まで貼ります。

使用方法3

④完成です。三角筋を包み込むように貼れているか、確認してください。

使用方法4

これらの上半身安定テーピング1・2・3と以前、ランナーのためのテーピング2で書いた腰痛テーピングをあわせて貼ってトレーニングすることで姿勢が安定しいろんな筋肉が効率よく使えるようになり、身体意識も高まります。

今年も残りわずかですが皆様にはいろいろお世話になり、ありがとうございました。皆様のご健康を心よりお祈りします。良いお年をお迎えください。来年も宜しくおねがいいたします。                   すまいる治療院 間林五郎

159

日本海の夕日

 

 

 

まず、肩こりなど起こす僧帽筋を保護することにより、肩甲骨の位置を安定させます。

肩甲骨が前方へ動き過ぎて固定されることで猫背になりやすくなるのでテーピングによって後方への動きを補助します。

(僧帽筋テーピング)

①テープをY字に切り肩峰下より貼り始めます。

使用方法5

②首を反対側に側屈させテープを引っ張らずに毛の生え際まで貼ります。

使用方法6

③下のテープを肩甲骨に沿って背骨までテープを引っ張らずに貼ります。

使用方法7

このテーピングを日常的に貼ることで肩甲骨の可動域が増えます。肩のこる人は是非試してください!すまいる治療院では施術後よく貼ります!

次回、肩周り(三角筋)・腕が上がりやすくなるテーピング予定です。よろしくおねがいします。

久々の投稿です。今回は上半身を安定させるテーピングです。

上半身を安定させることにより各関節痛の予防や安定することで複数の筋肉が効率よく使え筋肉疲労を軽減させパフォーマンスの向上につながります。

また、胸郭(肋骨)の可動域も広がることで呼吸が楽になり運動の持続力もアップします。運動のみならず仕事での肩こりや五十肩・首の痛みなどにも有効なので施術後に貼ることも多いです。

胸郭運動

154

次回、簡単にできる貼り方かきます、よろしく。

 

本日、足首保護テーピング

使用するタイミングは運動15~30分前または、ハーフタイム、レース後半で足首の「痛み」や「不安感」が気になる前に、なるべく早めに使用してください。

134

① 5cmはばのテーピングで上図のテーピングを作成。

A(約15cm)・B(約30cm)・C(約50cm)

Aのはくり紙をはがし、粘着面を上にして床(地面)に置きます。Bを引き上げたとき、内(外)側のくるぶしの真上を通るよう、足ウラをAの部分にのせます。

手順2

② 足首の角度を90度に保った状態で、Bのはくり紙をはがし、内(外)側のくるぶしの真上を通過させながら、まっすぐ上にのばして貼ります。もう一方のBも同じ要領で貼ります。

手順2

③ ②と同様に足首の角度を保ったまま、片側のCのはくり紙をはがして、足の甲を通します。

手順3

④ 反対側のくるぶし、アキレス腱を通過しさせます。

手順4

⑤ 足首に巻きつけていき、貼ります。

手順5

⑥ もう一方のCのはくり紙をはがして、同様に貼ります。

完成

⑦ これでできあがりです。あまり強くしめすぎると、血行障害や皮膚障害の恐れがありますのでご注意ください。

完成

⑧ 反対からみると、このようになります。

完成

このテーピングはランニングのみならず、バレーボール・バスケットボールなどでジャンプ後の着地動作を安定させ、ケガ予防にも役立ちます。また、ネンザなどの応急処置や痛み軽減・回復促進にも効果あります。(テーピングの上からシップを貼ってもOK)

是非、おぼえて下さい!

 

 

本日、踵や足の裏の痛み防止のテーピングです。

足骨は多くの関節のなかでも特に複雑でブロック状の骨が複雑に結合され、それぞれが関節となります。そのため足の裏の縦横アーチとなり体重を支えています。

131

足の裏には、足底筋膜と呼ばれる、膜のように薄く幅広い腱が、かかとの骨から足指の付け根まで張っています。足の甲の骨は、弓状(アーチ)になって体重を支えているが、アーチを弓の弦のようにピンと張って支えているのが、足底筋膜です。

122

丈夫な足底筋膜も、歩行やランニング、ジャンプで使いすぎたり四十歳代以降になると、古いゴム管のようにひびが入り、炎症を起こします。それが痛みの原因となります。長引くと、足底筋膜の付け根にあるかかとの骨が、とげのように大きくなり、痛みが増すこともあります。ランニングなどの過使用による緊張以外には、へん平足、老化によるアーチの低下なども原因となります。長距離走をはじめとしたスポーツのほか、長時間の立ち仕事をする人も発症します。

いろいろ貼り方はありますが、基本的な足低テーピングです。

①テープを熊手状(4本)に切り、テープの一端をかかとの付け根から貼り始めます。

75

②1本づつ指と指の間に向かって貼って行きます。完成です。

使用方法2

踵の保護テープ

①足の裏側にアンカーテープを貼るA。Aのアンカーテープの内くるぶしの下からアキレス腱の下、外くるぶしの下を通してアンカーテープを貼るB。(2.5cm幅テープ使用)

使用方法2

②①を交互に繰り返して行う。

使用方法3

③かかとの部分をしっかり覆う。

使用方法4

④①のBのアンカーテープの上にアンカーテープを貼る。

使用方法5

完成。

足の正常なアーチ

121

ついでに、足低ストレッチ

123

だらだら・・・ながくなりましたが、足低筋膜とアーチは長距離ランナーにとってとても重要なので保護してください。

次回、足首保護テープ予定です。よろしく!

 

 

 

 

 

ようこそ、すまいる治療院へ

心斎橋にある当院では、主に整体・鍼灸マッサージによる施術をしております。
当院ではお客様に合った整体・鍼灸などの治療内容をご提案しております。心斎橋・長堀橋など大阪で国家資格保有の整骨院をお探しなら当治療院までお問い合わせ下さい。