ブログ

健康管理の記事一覧

こんにちわ。前回は梅雨期のだるさの原因について書きました。

引き続き、今回は湿気による、だるさ(湿邪)について書きます。よろしく!

まず、湿邪には、外湿(大気中の湿度が高い環境)と内湿(体内で水分が停滞・蓄積する)があり、とくに梅雨期は外湿が内湿に移行します。

内湿に移行すると、体に体液(水分)がよぶんに貯まります。

貯まった水分はからだの下方・末端部へ行こうとし、四肢のだるさ・むくみ・関節痛・消化器系の不調をおこします。

54

予防法としては・・水分を摂りすぎない(水分を欲する食品を摂りすぎない)

発汗時・雨に濡れたあとなど、速やかにタオルで拭き取る。ほっておくと、汗がひえて代謝がわるくなり、だるさの原因になります。

高湿度の時は、冷房よりも除湿で湿度を一定に保つ。

しょうが・にんにく・ねぎは良。

食事は生野菜より温野菜が代謝をよくし、いいみたいです。

施術・・・梅雨のだるい時は施術につぼ温灸を加えると効果がたかくなります。ぜひ、どうぞ!

55

次回、梅雨のだるさの温灸効果について書きます・・・後朗読ありがとうございました。

 

 

こんにちわ!ウットオシイ日がつづきますが、お元気でしょうか?

今回は、梅雨期のだるさや疲労回復、体調管理ついて書きたいとおもいます。

(だるさの原因) 梅雨期は天候が変わりやすく、温度差が激しく変化します。その変化に体がついていけず免疫力・抵抗力がいちじるしく低下し、体調不良(いろんな、症状)を起します。

つぎに、梅雨期は低気圧になり、からだは自律神経が副交感神経優位となります。
この状態では血管が拡張して、からだのいろいろ不調な部分の修復をおこないます。
急激な修復ではそれぞれ、痛みやだるさが出るみたいです。

修復するからだの機能といえますが・・痛みやだるさは嫌なものですよね。

48

また、雨期のため、湿度が高くなると、汗腺が水分で覆われ発汗しにくくなります。
そのため、体内に水分がたまってしまい、倦怠感・関節痛・むくみやすいなどの悪さをします。

このように湿度による悪さを東洋医学的には、湿邪(しつじゃ)といいます。

(まとめ)梅雨期のだるさ原因

①天候による気温の変化にからだついていかない。
②低気圧による副交感神経優位の状態
③湿度による水分代謝の悪化(湿邪)

次回、湿邪についてと対策など書きます、よろしくおねがいします。
朗読ありがとうございました。  つづく・・

ようこそ、すまいる治療院へ

長堀橋にある当院では、主に整体・鍼灸マッサージによる施術をしております。
当院ではお客様に合った整体・鍼灸などの治療内容をご提案しております。心斎橋・長堀橋など大阪で国家資格保有の整骨院をお探しなら当治療院までお問い合わせ下さい。